支店長弁護士インタビュー

千葉支店長 千葉県弁護士会羽藤 英彰弁護士

泉総合法律事務所 千葉支店長、羽藤英彰(はとうひであき)弁護士のインタビューです。ご相談いただくにあたり、心がけていることなどをインタビューしました。

 

お仕事帰りに立ち寄りやすい立地となっています

――― まずは、千葉支店についてお聞かせください。千葉支店の事務所周辺の街の雰囲気や印象、駅からの道のりで、歩きやすさ・道の分かりやすさなど、来所しやすさにつながっている特徴をご紹介ください。

当事務所は、JR千葉駅及び京成千葉駅から徒歩4分程度、そごう千葉店を抜けた場所にあります。千葉駅は千葉県全体の中心地であり、総武線と外房線、内房線の乗り換え駅でもありますので、お仕事帰りに立ち寄りやすい立地となっています。
また、事務所近くにはコインパーキングもあり、お車でお越しいただくことも可能です。

事務所は駅近くの大通りに面しており、人通りも多い場所にあります。また、裁判所や役所関係の施設など、千葉県の重要な施設が千葉駅の周辺に集まっているため、何かの用事のついでに相談や打ち合わせにお越しいただくことが可能です。

入口の階段を上り、エレベータにて3階で降りて頂くと、左手の一番奥に事務所の入り口があります。

 

――― 事務所の相談室の特徴をご紹介ください。また、ご相談者様のプライバシー配慮、相談しやすい雰囲気のために工夫していることがあればご紹介ください。

相談室には比較的大きめの机があり、最大で6名程度が同席可能です。また、相談室は2部屋ご用意しておりますので、打合せ時間の調整も比較的容易となっております。

 

できる限り多くの解決方法を提示したい

――― 羽藤先生のご相談者様への対応についてお聞かせください。できるだけ早くレスポンスをするために、心がけていることや、ご相談者様と同じ目線で法律相談をするために、心がけていることなどをご紹介ください。

ご依頼者様からご連絡を頂いた場合、裁判中や警察署での接見中などの場合には、すぐにお返事することが難しい場合もありますが、出先でも事務局を通じて用件を把握するなど、できるかぎり迅速な対応を心掛けています。また、当事務所には債務、交通事故、不貞慰謝料請求など各分野について弁護士と協力して業務にあたる専門のスタッフがおりますので、簡単な質問や進捗の確認はスタッフからお答えすることも可能です。

ご相談時に関する心がけとしましては、同じような類型の事件でも、ご依頼者様一人ひとりの悩みは異なるということを忘れないようにしています。また、難しい法律の仕組みなどについて説明する際には、ご依頼者様が説明を理解しているかを逐一確認しながら相談を進めるよう心掛けています。

 

――― 法律相談で、ご相談者様と接する際、先生が大切にしていることや、事件解決にどのように取り組んでいきたいかの意気込みをご紹介ください。

まずは、ご依頼者様の話をよく聞くことです。ご依頼者様によって一人ひとりお悩みは違いますので、まずはその方がどのような状況に置かれているのか、どのような解決を望んで相談にいらっしゃったのかを丁寧にお聞きするようにしています。

また、私自身は弁護士になって多くの案件を手掛けてきましたが、弁護士業界全体の中ではまだまだ若輩者です。向上心を忘れずに研鑽を積みながら、ご依頼者様の気持ちに寄り添い、粘り強く事件に向き合っていきたいと考えています。

 

――― 先生にとって、事件解決に取り組む際のモチベーションとなっているものをご紹介ください。

ご依頼者様の悩みを解決することに尽きます。事件終了時、悩みが晴れたご依頼者様から感謝のお言葉を頂くことが、最大のモチベーションになっています。

 

――― 法律相談における早期相談の重要性について、痛感したエピソードがあれば、ご紹介ください。

法律の問題では、相談が遅くなったことで事件解決が困難になってしまうケースが少なくありません。法人破産を例に挙げると、会社に資産が残っている状態でご相談頂ければ、その資産を法人破産の費用に充当してスムーズに申立の準備ができます。反対に、完全に会社を閉めてしまった後でご依頼を頂くと、弁護士費用や申立資料の準備が困難となり、破産申立ての見通しが立たなくなる可能性が高いといえます。

弁護士への相談は、悩みが生じた時点で少しでも早くご検討頂ければと思います。

 

――― 最後に、お聞きします。羽藤先生は弁護士として、ご相談者様に何を提案又は提供したいとお考えですか。

状況の整理だけで終わるのではなく、それを踏まえて具体的にどのような方針をとるべきかという結論までをご説明・ご提示できるよう心掛けています。また、様々な視点から事件を分析し、できる限り多くの解決方法を提示したいと考えています。

また、法的に最良の結果を目指すのはもちろんですが、法律問題は離婚や相続、交通事故などあらゆる分野において存在する、法律だけでは解決しきれないご依頼者様の感情の問題にも配慮したいと考えています。また、方針の相談や進捗報告を密に行うなど、途中でご依頼者様に不安を与えないような事件処理を心掛けています。

 

――― インタビューは以上です。羽藤先生、ありがとうございました。

ありがとうございました。

無料相談受付中! Tel: 0120-661-202 平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
0120-661-202
平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ