交通事故 [事例14]

60代会社員、後遺障害14級で320万円超を獲得

60代男性
主な症状損害賠償額
腰椎捻挫、股関節捻挫、膝打撲等 140万円→320万円

背景

横断歩道上を歩行中、左折車両と接触した事故です。

Aさんは、すでに事故による後遺障害認定を受けており、保険会社から賠償金の提示も受けていましたが、この先の示談交渉を弁護士に依頼したいとのことでした。

対応

相手方保険会社の提示額からの増額を目指しました。
逸失利益の計算に関しては、ちょうど定年の前後の時期ということもあり、期間の長さだけではなく、退職後の収入減にも配慮して、いかなる主張をすべきかについて慎重に検討しました。

結果

後遺障害14級にて、相手方保険会社の提示額から180万円程度の増額に成功し、結果323万円ほどの金額を獲得しました。

Aさんは、弁護士費用特約に加入していませんでしたが、後遺障害認定を受けていることもあり、弁護士費用を差し引いても十分な賠償金をお受け取りいただくことができました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-661-202 平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
0120-661-202
平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ