不倫慰謝料 [事例6]

受任からわずか1か月足らずで慰謝料300万円の獲得に成功

30代女性
立場慰謝料請求額
慰謝料を請求した側 300万円を獲得

背景

依頼者Aさんは、夫Bさんの財布の中から乱交パーティーの会員証を見つけました。AさんがBさんに問いただしたところ、そのパーティーで知り合ったというCさんとの不貞を認めました。

Aさんは、Cさんの素性を全く知らないため、弁護士を介してCさんに対し慰謝料請求をすることを決意し、当事務所にご来所されました。

対応

受任後、直ちに弁護士からCさんへ連絡を取り事実確認をおこなったところ、CさんもBさんとの不貞行為を認めたため、本件不貞行為の悪質性、早期解決が得策であることなどを伝え、粘り強く交渉した結果、慰謝料300万円をAさんに支払うことの合意書を締結しました。

結果

AさんとBさん夫妻は離婚することなく、不貞期間も1年間という比較的短い期間でしたが、受任から合意書を締結するまで1か月足らずで慰謝料300万円という相場以上の金額を獲得することに成功した事例です。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-661-202 平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
0120-661-202
平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ