交通事故 [事例11]

後方からの追突事故|裁判基準で交渉、当初提示より90万円増額

50代男性
主な症状損害賠償金
頚椎捻挫、腰椎捻挫 140万円→230万円

背景

Aさんは赤信号で停車中、相手方車両に後方から追突され、怪我を負ってしまいました。
事故後、Aさんは病院で治療して、頸椎捻挫・腰椎捻挫と診断されました。

Aさんが当事務所へご相談にいらっしゃったとき、Aさんは後遺障害14級の認定を受けており、相手方保険会社は約145万円の示談金を提示していました。

Aさんは、相手方保険会社から提示された金額について専門家の判断を聞いてみたいとのことで、当事務所へいらっしゃいました。

対応

逸失利益の増額について相手方保険会社は消極的であったので、逸失利益についての相手方保険会社の主張の根拠を確認し、相手方保険会社との具体的な争点を明確にしたうえで、相手方保険会社と交渉しました。

結果

当事務所の弁護士と相手方保険会社の交渉の結果、相手方保険会社からの当初の提示額である約145万円から約90万円の増額となる約235万円を獲得できました。
休業損害、慰謝料及び逸失利益等について増額になりました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-661-202 平日9:30~21:00/土日祝9:30~19:00
0120-661-202
平日9:30~21:00/土日祝9:30~19:00
メールでお問い合わせ