交通事故 [事例2]

加害損保の顧問弁護士の打ち切りに負けずに通院し、等級を獲得した件

40代男性
主な症状損害賠償金
左小指挫創、左環指挫創、左下腿挫創 340万円

背景

自転車にて運転中であったAさんは、歩道を走っていました。しかし、突如車が、路外から歩道に侵入してきたことから、正面衝突をしてしまいました。その後、Aさんは、治療を継続しておりましたが、途中から加害損保の顧問弁護士が介入してきてしまいました。この顧問弁護士の対応に不信感を覚えたAさんは、症状固定前でしたが、味方になってくれる弁護士に依頼をしたいと考えていました。

対応

Aさんは、相談前に、治療の打ち切りを一方的に通告されていました。一方で、医師は、まだ症状固定に至っておらず、治療を継続すべきであるという考え方を持っていました。このことから、Aさんとしては、加害損保の顧問弁護士に不信感を覚え、自費でもいいので治療を続けたいと考えていたので、治療継続をしてもらいました。そして、医師による症状固定の宣告時に、Aさんに神経症状が残っていたことから、必要書類を収集したうえで、被害者請求を行い、無事に14級9号を獲得しました。
そのうえで、さらに事故当時にAさんが勤めていた休業損害等の資料についても入手し、加害損保の顧問弁護士を交渉をした結果、以下の結果記載の金額を獲得できました。

結果

加害損保の顧問弁護士の打ち切りに負けず、治療を継続した結果、後遺障害認定請求の結果、後遺障害14級9号を獲得しました。そして、訴訟以外では珍しいことに、赤い本満額付近の慰謝料を含めて賠償金として340万円の認定を得ることができました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-661-202 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-661-202
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ